【子育て】子供に親の呼び方をどう教える?パパ・ママorお父さん・お母さん

子供が1歳を過ぎ少しずつ言葉らしいものを発する頃、親を呼んでくれるのはいつだろう?と、とても楽しみな気持ちになりますよね。

一方、親の呼び方を何て呼ばせたらよいのだろう?と悩む方もいると思います。

今回は、子供に呼ばせる親の呼び方について迷っている方に向けて、調査の結果と我が家の考え方をお伝えします。




親の呼ばせ方アンケート調査結果

私のインスタ内でのアンケート調査結果では下記のような結果が出ています。

自分の子に親を呼ばせる時、パパ・ママ呼びですか?お父さん・お母さん呼びですか?(子供がまだ小さいor産まれていない場合、どちらで呼ばせたいですか?)

という質問に対して

パパ・ママ 71% 389名
お父さん・お母さん 29% 157名

有効回答数546名という結果が出ています。

3人に2人以上は、パパ・ママ呼びをしている。または、パパ・ママ呼びにしたいようです。

呼び方に対しての意見

アンケートと共に答えていただいた皆様の声について、パパ・ママ派とお父さん・お母さん派の意見をまとめてみました。

パパ・ママ派

・赤ちゃんが呼びやすいから(パパママは唇の動きで音にできるが、「か」「さ」は舌の動きが影響するため難しい(男性:理学療法士)

・言いやすそうだったから(男性)

・初めはパパママで、物心ついたらお父さんお母さんにしたい(女性:1児の母)

・自然にお父さんお母さんと呼ぶまでは、パパママでいい(女性:4児の母)

・本当はお母さんと呼ばせたかったが、いつの間にかマーマと呼んでいた(女性:2児の母)

・本当はお父さんお母さんが良いが、保育園がパパママ呼びなのでそうしている(女性:1児の母)

・呼びやすいという理由と、息子が「ママ」→「お母さん」→「おふくろ」と呼び方を変えてくる様子を見たいから。自分でそろそろパパママ呼びを恥ずかしいな、と感じて行動したら、1個成長を目にできる気がするから(女性:2児の母)

・シンプルにかわいいから(男性)

お父さん・お母さん派

・パパママ呼びは大きくなった時にいじめられるから(女性:2児の母)

・お母さんと呼ばれたかったから(女性:2児の母)

・子供が男の子なので、パパママ呼びではなくなる日が来る。その時に思春期真っただ中だったら呼び方を変えるのが恥ずかしいと思うと考えたため(女性:1児の母)

・自分自身がパパママ呼びをしていたが、小学校で担任に「まだ、パパママなんて呼んでいるの?恥ずかしいな」と言われて傷ついたから(女性)

・男の子なので、大きくなった時のことを考えて(女性:1児の母)

・大きくなった時に、子供も親も戸惑わないように(女性)

・自分がそう呼んでいた事と、子供が大きくなってママと呼ばれることに抵抗があるため(女性:1児の母)

・ママと呼ばれたくない(女性)

・元々パパママで呼ばせていたが、娘が小学校で「パパママ呼びをしている人は痛い人だ」と自分が思うようになったため、外では「うちの親」と呼ぶようになったと言われた。そんな思いをさせるなら最初からお父さんお母さんで呼ばせてあげればよかったと、後悔したから(女性:3児の母)

・理想はお父さんお母さんだが、保育園に合わせている(男性:1児の父)

その他

・子供は5歳になりますが、カカ、トトと呼ばせています(女性:1児の母)

・お父さんお母さんは呼びにくいので、カカ、トトで呼ばせている(女性:1児の母)

我が家の呼び方に関する考え

我が家では「お父さん・お母さん」呼びにすることを話しあって決めていました。

パパママ呼びのリスクを考えた

1つの理由は、パパママ呼びの場合、小学校くらいの年齢になった時に、からかわれたり、更にはそこからいじめに繋がる可能性があると思ったためです。

わざわざそうったリスクがある呼び方をさせたくなかった。というのが1つあります。

呼び方を変える事について子供の心に抵抗と葛藤があるため

もう1つの理由は、呼び方を変えることに対して子供ながらに大きな抵抗と葛藤がある。と思っているからです。

パパママ呼びとは少し離れますが、呼び方についての1つの例として私の子供の頃の話をさせていただきます。

私が物心がついた頃、私は自分の名前を「○○ちゃん」と呼ぶように育てられていました。

なので、外でも「○○ちゃんはねー」と自分の事を呼んでいたのですが、小学校の低学年の頃それについて馬鹿にされてからかわれました。

子供ながらに衝撃で、すごく恥ずかしく、悲しい思いをした記憶が今でも残っています。

なので、自分の事を「僕」または「俺」と呼ぶようにしたい、と思ったのですが家でそういった呼び方に変えようとしたところ、今度は親にそれをからかわれ、長いこと自分の呼び方を変えることができませんでした。

結果、中学に入る頃まで直せず、外では自分の事を「俺」と呼びますが、家では「〇〇ちゃんは、、」といった喋り方になり、すごく嫌だった記憶があります。

そんな思い出から、もしかすると男女では違うのかもしれませんが、子供は少なからず自分の呼び方や親の呼び方を変える時、恥ずかしさや葛藤を感じると思っています。

なので、自分は子供たちにはそんな思いをさせたくないので最初から親の呼び方、自分の呼び方は大人になっても通用する言葉で教えてあげたい。

そんな思いを持ち、妻と話し合った結果、我が家ではお父さん・お母さん呼びにしようと決めました。

実際にどのように子供に呼ばせたか

我が家は段階を踏んで子供からの呼ばせ方を変えました。

初めからお父さんお母さん呼びができないことは分かっていたので、お父さんお母さんにうまく繋げて呼び方を変化させていくようにしました。

呼ばせ方の変化1歳:カーカ・トート

1歳半:かーしゃん・とーしゃん

1歳8か月頃:おかーしゃん・おとーしゃん

2歳:お父さん・お母さん

現在、2歳4か月の娘ですが、ちゃんとした発音で「お父さん・お母さん」と呼んでくれています。

まとめ

子供に親をどう呼ばせるか?について、いかがでしたでしょうか。

ポイント1.世間では2/3がパパママ呼び

2.パパママ呼びは呼びやすい

3.お父さん・お母さんは呼びにくい

4.パパママ呼びは将来からかわれるリスクもある

5.呼び方を変えていく考え方もある

各家庭で考え方も違うので、どれが正解という事はありませんがこういった考え方もあるという事で参考にしていただければ幸いです。

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

>>>【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする