【子育て】男に似合う抱っこ紐はコレ!キューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐

男に似合う抱っこ紐が欲しい。

丈夫で、おしゃれで、使いやすく、安心できる抱っこ紐はないだろうか?と思って探しているけれどなかなか良いものが見つからない、と困っているパパさん。

または旦那様に専用の抱っこ紐をプレゼントしたい、と考えているママさんに向けて。

今回は、男である私が使用して大満足している、キューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐をご紹介したいと思います。




はじめに

みなさんは、育児の中で多くの時間を占める作業ってなんだと思いますか?

そうです。人にもよりますが、想像している通り「赤ちゃんを抱っこしている時間」がかなりの時間を占めると言われています。

外出となれば当然抱っこが必要になります。

家にいても寝かせておけばずっと寝ている子もいますが、とにかく抱っこしていないと泣いてしまうといった子もいます。

寝かせてもベッドに置く時に背中センサーが発動し大泣きしてしまう。

だからずっと抱っこ紐で抱っこしているというケースも多いのではないでしょうか。

私も、そうった理由からある抱っこ紐を使っていたのですが、自分の体に合わないためか腰が痛くなってしまい、しまいには抱っこしていなくても痛みが出るようになってしまいました。

いくつかの抱っこ紐を借りたりして試したのですが、元々女性用に作られている商品が多いためか、なかなかこれは良いと思う抱っこ紐に出会えませんでした。

そのような中、調べている中でたまたまキューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐に出会いました。

最初は、男でも似合いそうなオシャレな抱っこ紐だな。とビジュアル面で惹かれました。

その後、調べていく中でメーカーのこだわりや、機能的な部分もしっかりしていると感じたことから、思い切って使用してみることにしました。

私が使用しているのは、キューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐(デニム)ですが、今非常に満足した抱っこ紐ライフを送ることができています。

私のような悩みを抱えている男性の方(女性でも)にこのキューズベリー(CUSE BERRY)抱っこ紐をご紹介したいと思います。

キューズベリー(CUSE BERRY)について

キューズベリー(CUSE BERRY)ってどんな会社?

キューズベリー(CUSE BERRY)は日本のメーカーであり、大阪府にある会社です。

ネーミングの由来は「キューブベリー(四角いイチゴ)」のように見たことの無い斬新な発想で、「キュート・スイート・ベリー(かわいくて甘いイチゴ)」のように愛されるデザインを届けたいという思いからつけられたそうです。

とってもかわいらしい名前ですよね。

抱っこ紐の他にも、母子手帳ケース、授乳カバーをはじめとした子育てに関する商品を店舗やWEBで取り扱っている会社です。

ものづくりへの姿勢

「育児が楽しいと思える瞬間を世界中の家族へ届けたい」そんな想いを掲げて商品の製作に取り組んでいるそうです。

その想いを実現するためにキューズベリー(CUSE BERRY)こんなことを掲げているそうです。

①家族みんなが育児を楽しいと思える唯一無二のデザイン

②安心を追求するために日本製にこだわる

③お客様の要望を取り入れ改良し続けるため、常に「未完成」

唯一無二のデザインを目指しながらも、品質には妥協せずこだわりを持つ、そして顧客目線に立って常に改善し、進化し続けるという企業の姿勢が表れていますね。

キューズベリー(CUSE BERRY)の抱っこ紐とは

ここではキューズベリー(CUSE BERRY)の抱っこ紐について説明したいと思います。

※ここでの説明については、許可を得て公式HPの内容を参考、及び抜粋させていただいています。

安心安全の日本製

「妥協のないものづくり」をめざし、唯一無二のデザインと、安心の日本品質を追求してます。

縫製や加工は、制服やジーンズの生産で有名な岡山・児島の工房で作られ、同じ日本人、子育て経験者として「どんな人がどう使うか」を理解しながら高い技術でひとつひとつ丁寧に縫い上げているそうです。

もちろん安全の確認も行っており、第3者機関である一般財団法人ボーケン品質評価機構にて検査した結果、108kgの負荷まで耐えられることが分かり、抱っこひもの強度も証明されています。

抱っこ紐のデザイン(種類)について

バラエティーに富んだ、こだわりのカラー全8種類が用意されています。

私は、デニムの抱っこ紐を使っていますが、様々なデザインがあるので好みの抱っこ紐を探してみて下さい。

①デニム

②アースグレー

③グリーン

④ドットストライプ

⑤ダブルストライプ

⑥ペールスタッコ

⑦ベージュ

⑧ブラウン

使用できる期間・サイズについて

着用される方の体への負担を考え、抱っこは13kgまで(約2歳)おんぶについては15kg(約3歳)までとしています。

また、約2歳~約3歳の数値は、あくまでも目安です。この時期のお子さまは、個人差がとても大きいので、平均より記載しています。

日本人のサイズを大切にしたので、小柄な女性でも使用できます。

もちろん、男性との共有もできるよう、各種ベルトは大きく調整ができるようにしました。

モデルのパパは胸囲102cm、ウエスト120cm。肩ひもは最大まで伸ばしました。

※衣服の厚みや赤ちゃんの大きさで、上記の数値は異なります。
※ご使用可能身長:147cm~
※対応ウエストサイズ:56~128cm

私が実際に使って感じたキューズベリー(CUSE BERRY)抱っこ紐のメリット

私が実際に使用して良かった、と特に思ったメリットをご紹介します。

お試しの試着が可能

抱っこ紐を実際試着せずにネットで買うのは、安い買い物ではないのでリスクがあり心配になります。

しかし、キューズベリー(CUSE BERRY)ではなんと本店での購入に限り30日間の返品OKなのです。

どうしても人によって体格などが異なるため、「合う」「合わない」が出てくるケースがあるのですが、このサービスがあることで試着することが可能になります。

実際に試してみて、自分と子供にとって合っているようであればそのまま使えますが、どうしてもダメであれば返品もできます。

私も実際に試してみて問題なかったのでそのまま使っていますが、このサービスはありがたいですよね。

便利な前開きファスナー

やっと寝てくれた赤ちゃんを下ろそうと抱っこ紐を外したら起きてしまった。この精神的なダメージは相当大きいですよね。

これは育児をしていれば必ず経験する1コマだと思います。

しかし、キューズベリー(CUSE BERRY)の抱っこ紐は前が開くのでスムーズに赤ちゃんをベッドなどに下ろすことができます。

また、寒い季節に抱っこ紐の上からコートを羽織っていても、前ファスナーなのでコートを脱ぐことなく赤ちゃんを下ろすことができます。

私は寒い地域に住んでいるので、これが非常にありがたく感じました。

腰への負担軽減

今まで使用していた抱っこ紐は長時間抱っこしていると腰に負担がかかっていました。

私がキューズベリー(CUSE BERRY)の抱っこ紐を使ってみて驚いたのが、腰への負担が大幅に減ったことです。

メーカーでの説明によると、厚みのあるクッションで、ベルトが腰へ食い込むのを軽減し、強力なクッションで腰をサポートしているとの事です。

また、着用時は、腰のくびれている位置に装着するようにすると赤ちゃんの体重が下に行きすぎず、赤ちゃんが軽く感じるそうです。

これは、特に家族での外出で長時間抱っこしなければならない時には非常にありがたかったです。

私が実際に使って感じたキューズベリー(CUSE BERRY)抱っこ紐のデメリット

良い事ばかりではなく、厳しい目線から、使用していた中で感じたデメリットもお伝えしたいと思います。

前向き抱っこができない

キューズベリーのインナーメッシュ抱っこ紐は対面抱っこのみで、前向き抱っこができない仕様となっています。

理由としては、そもそも前向き抱っこができるようには作っていないという事です。

これは、少し残念に感じましたが、そういった商品だと割り切って使うしかないと思います。

無理に前向き抱っこにした場合、股関節脱臼になる可能性もあるので絶対にやめましょう。

前向き抱っこがどうしてもしたい。といった場合はこの抱っこ紐を使うことができませんので他のメーカーの物を探してください。

夏暑い

布がしっかりしていて丈夫になっているので構造上仕方ないと思うのですが、夏に使用した際に少し暑く感じました。

しかし、これに関してはメーカーとしても対応してあり、赤ちゃんの内側に、通気性の高いポリエステル100%のメッシュ生地を取り入れ通気性を確保しているようです。

そういった対策もあってか、暑くてべたついて使えないというようなことは感じませんでした。

まとめ

キューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐についていかがでしたでしょうか。

使用して半年ほど使用した感想ですが、デザイン、機能も含めた総合的にとても満足しています。

色々なメーカーを見たけれどどうしよう、と迷っている方は、まずはこの抱っこ紐をお試しで使用してみてはいかがでしょうか。

また、奥様から旦那様に「あなた専用の抱っこ紐よ」なんてプレゼントされたら嬉しくて沢山使いたくなっちゃうかもしれませんね。

そして、今までの抱っこ紐ではなかったことなのですが、外出先で「その抱っこ紐おしゃれですね」とか「これはなんていうメーカーの抱っこ紐ですか?」とか興味をもって聞かれることが何度もありました。

それだけ、印象的でオシャレなデザインの抱っこ紐なんだなぁと感じています。

私はデニム生地の物を使用していますが、他にも種類が揃えられていますので、きっと気に入るデザインがあると思います。

是非これを機会にキューズベリー(CUSE BERRY)のインナーメッシュ抱っこ紐を検討してみて下さい。

商品についてはこちらからどうぞ

【ポイント★更に4倍チャンス★】【正規品・送料無料】 CUSE BERRY キューズベリー BABY CARRIER ベビーキャリア インナーメッシュおんぶ抱っこひも デザイン【ナチュラルリビング】【ラッキーシール対応】

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

>>>【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする