【子育て】高校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳

子供がすくすくと育ち、高校への入学が近づくと楽しみが増える半面、お金に関しての不安も増えてくると思います。

高校でかかる費用は、授業料、給食費、その他の費用などお金が一体どれくらいかかるのだろうと不安に思う方もいるのではないでしょうか。

ここでは、文部科学省(平成26年度子供の学費調査」)の結果を基に、高校に通わせる3年間にかかる全教育費用を分かりやすくまとめてお伝えしたいと思います。

ここでは、高等学校を省略のため高校と書かせていただきます。




はじめに

高校には公立と私立高校があります。

多くの子供たちは、ここで高校受験という今後の人生を左右するイベントがあります。

公立の高校を選ぶのか、私立の高校を選ぶのか?それぞれの特徴を理解しより子供にとって良い選択をしたいものです。

一般的な公立高校の特徴

公立と私立ではそれぞれ特徴がありますが、一般的に公立高校の場合は費用があまりかからず全国どこでも同じような教育が受けられ、比較的普通の家庭の子が行くことが多い学校と言われます。

また、私立に比べてよく言えば自由度が高いと言えますが、学校によっては荒れている学校が合ったり、いじめの問題があったりというケースもあるようです。

そして、勉強面でも私立と比べてそれほど質が高いものは望めないため、良い成績を望むには塾に通わせる必要も出てきます。

どちらかというと勉強よりも、団体生活や社会に出る前の色々な種類の人に揉まれる場所として考えるならば公立の高校が良いと言われます。

一般的な私立高校の特徴

一方私立高校では、費用も高くなりますがその分勉強に関して公立よりも質の良い授業が受けられると言われています。

また、校則も厳しかったり、躾や教養などに関しての教育もしっかりしているため、子供が社会に出る上で必要となる、礼儀や常識などの人としての基礎も学べる場所となります。

いじめなどの対策も公立よりもしっかりした対応をしてもらえるため、親が安心して子供を送り出せる場所と言えるでしょう。

周りの子も優秀な子が集まりやすく、子供の個性を伸ばしたい、学力を伸ばしたい、いい大学に行かせたいという比較的お金に余裕があり、明確な目標がある家庭の子が行く学校と言われます。

ここでは、公立と私立を分け、それぞれどれくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

公立・私立高校にかかる全教育費用の内訳

公立と私立の高校に子供を通わせつつ、習い事などもさせた場合3年間でかかる平均費用は

◇公立高校:¥123万

◇私立高校:¥299万

と言われています。

ここでは、この費用についての内訳を説明していきたいと思います。

高校に通うためにかかる費用の種類

まず、学校にかかる費用は大きく3つの種類に分類されます。

それは

◇学校教育費

◇学校外活動費

です。

これらについて一つずつ説明します。

※小学校、中学校ではあった給食費が高校では無くなります

高校でかかる学校教育費とは?

学校教育費とは「学校内の活動でかかる教育費」です。

それぞれにかかる金額はこのようになります。

公立高校 私立高校
授業料 無料 ¥258,542
修学旅行・遠足代・見学費 ¥30,436 ¥51,766
学校納付金など ¥48,831 ¥228,655
図書・学用品・教材費など ¥37,195 ¥39,191
教科外活動費 ¥39,840 ¥45,892
通学関係費 ¥74,735 ¥111,297
その他 ¥4,060 ¥4,801
学校教育費合計(1年間) ¥242,692 ¥740,144

※文部科学省(平成26年度子供の学費調査」の結果より)

1年間にかかる

「学校教育費」はこのようになります。

公立中学校:¥242,692

私立中学校:¥740,144

高校でかかる学校外活動費とは?

「学校外活動費」とは「補助学習費」と「その他の学校外活動費」を合わせたものです

「補助学習費」とは、家庭内での学習に使用する物品にかかる費用(ペン、ハサミ等)、図書の購入費、家庭教師費、学習塾費用の支出です。

「その他の学校外活動費」とは、習い事全般にかかる費用、体験活動や習い事(ピアノ、水泳、習字)などにかかる全ての支出です。

1年間にかかる「学校外活動費」はこのようになります。

公立高校 私立高校
補助学習費 ¥135,333 ¥206,333
その他の学校外活動費 ¥31,954 ¥48,818
学校外活動費合計(1年間) ¥167,287 ¥255,151

※文部科学省(平成26年度子供の学費調査」の結果より)

1年間にかかる

「学校外活動費」はこのようになります。

公立高校:¥167,287

私立高校:¥255,151

高校に通うためにかかる費用の合計

今まで出てきた「学校教育費」と「学校外活動費」を合計すると、1年間にかかる教育費は以下のような結果になります。

公立高校 私立高校
学校教育費 ¥242,692 ¥740,144
学校外活動費 ¥167,287 ¥255,151
費用合計(1年間) ¥409,979 ¥995,295

※文部科学省(平成26年度子供の学費調査」の結果より)

つまり、3年間にかかる「教育費用」

はこのようになります。

公立高校:¥1,229,937

私立高校:¥2,985,885

公立と私立の高校に子供を通わせつつ、習い事などもさせた場合3年間にこれだけの費用が掛かることが分かります。

そして、子供を私立の高校に通わせるならば、公立の高校に比べて2.4倍の費用が掛かるという事が分かります。

これらの結果より余裕をもって考えると

公立では123万、私立では299万の教育費を準備する必要があるかもしれません。

最低限かかる高校費用はいくら?

3年間にかかる平均的な教育費は、公立高校は約130万、私立高校は約299万という結果が出ました。

しかし、この中で塾や家庭教師や習い事は習わせなくても学校に通うことができます。

それらの金額を引いて、最低限高校に通わせるために必要な費用を考えてみたいと思います。

先ほどの資料より、3年間にかかる「学校教育費」のみの数値が最低限の費用になります。

公立高校 ¥728,079
私立高校 ¥2,220,432

つまり、ただ学校に普通に通わせるだけの最低限必要な金額

公立では73万、私立では222万となります。

まとめ

高校にかかる費用についていかがでしたでしょうか。

ここで大事なポイントは以下のようになります。

ポイント1.高校は公立と私立がある

2.公立と私立は目的によって選べばよい

3.公立の3年間の平均的教育費は約123万

4.私立の3年間の平均的教育費は約299万

5.最低限通わせる費用は、公立で約73万

6.最低限通わせる費用は、私立で約222万

これらのポイントを押さえ、自分の場合どれくらい費用が掛かるか考え、そのための費用の準備を小学校に入る前から考えて行っていくことが大切だと思います。

そして、校にかかる費用だけでなく子供が自立するまでにかかる費用を考えてそこから逆算していく考え方も必要だと思います。

小学校にかかる費用はこちらからどうぞ

>>>【子育て】小学校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳

中学校にかかる費用はこちらからどうぞ

>>>【子育て】中学校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする