【子育て】小学校から大学卒業までにかかる教育費用はいくら?

子供が産まれると「これからかかる教育費用」について考えはじめ、子供にかかる教育費について調べる方が増えてくると思います。

しかし、子育てのケースや状況によってさまざまな考え方や計算があり、これが自分の家に合ってると思える情報になかなか巡り合えなかったりしませんか?

子供を1人育てるには1000万~3000万の教育費がかかる、といった文も目にすることもあり、どれが本当の情報か分からなくなってしまう場合もあると思います。

ここでは、そういった疑問を解決すると共に、子供を大学に通わせる場合、大学卒業までにかかる教育費用を分かりやすくお伝えしたいと思います。




はじめに

小学校~高校まで通わせるにあたって、公立に通わせるか私立に通わせるかの選択があります。

大学では、国公立、私立文系、私立理系、私立短大などの選択肢があります。

それぞれの段階でどれくらいの教育費用がかかるか、平均的な教育費用をお伝えします。

※今後保育園・幼稚園は無償化になるので今回の計算では保育園と幼稚園にかかる教育費を含めません。

小学校でかかる教育費用

小学校でかかる全ての教育費用合計は以下のようになります。

費用
公立小学校 192万
私立小学校 920万

※文部科学省(平成26年度「子供の学費調査」の結果より)

細かい内訳が知りたい方はこちらからどうぞ

>>>【子育て】小学校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳

中学校でかかる教育費用

中学校でかかる全ての教育費用合計は以下のようになります。

費用
公立中学校 144万
私立中学校 401万

※文部科学省(平成26年度「子供の学費調査」の結果より)

細かい内訳が知りたい方はこちらからどうぞ

>>>【子育て】中学校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳

高校でかかる教育費用

高校でかかる全ての教育費用合計は以下のようになります。

費用
公立高校 123万
私立高校 299万

※文部科学省(平成26年度「子供の学費調査」の結果より)

細かい内訳が知りたい方はこちらからどうぞ

>>>【子育て】高校にかかる費用は全部でいくら?平均費用・最低費用とその内訳

大学でかかる教育費用

大学でかかる全ての教育費用合計は以下のようになります。

費用
国立大学 912万
私立文系 1146万
私立理系 1217万
私立短大 607万

※日本政策金融公庫(平成29年度「教育費負担の実態調査結果」より)

細かい内訳が知りたい方はこちらからどうぞ

>>>【子育て】大学にかかる費用は全部でいくら?国立と私立と短大の違いは?平均費用とその内訳

進学別教育費用

進学先別の費用を表にしました。

【公立】の小学校~高校までを過ごし、大学に進学するパターンです。

小学校 中学校 高校 大学 合計
公立+国立 192 144 123 912 1371万
公立+私立(文) 192 144 123 1146 1605万
公立+私立(理) 192 144 123 1217 1676万
公立+短大 192 144 123 607 1066万

【私立】の小学校~高校までを過ごし、大学に進学するパターンです。

小学校 中学校 高校 大学 合計
私立+国立 920 401 299 912 2532万
私立+私立(文) 920 401 299 1146 2766万
私立+私立(理) 920 401 299 1217 2837万
私立+短大 920 401 299 607 2227万

まとめ

小学校~大学までの教育費用についていかがでしたでしょうか。

大学までの教育資金が1000万程度から3000万など幅広く言われる理由は、こういった進学先によって大きく金額が変わってくるためです。

ここでの教育資金はあくまで、一般的な平均の教育費用となります。

ここでの金額の中には、塾や習い事の費用が含まれており、大学の1人暮らしの仕送りの費用も含まれています。

なので、やり方によってはもっと少ない教育費用で大学まで行かせることも可能です。(各段階での詳しい金額の内訳は記事のリンクから確認できます)

大学に進学させるための教育資金について考える場合、どれだけの費用が掛かるのか理解することがまず一つ重要だと思います。

そして、子供をどのように育て、どこに進学させるのか事前にある程度決めたうえで、計画的な教育資金作りをしていくことがとても大事になってきます。

小学校から高校卒業までにかかる最低限の費用はこちらからどうぞ

>>>【子育て】小学校から高校卒業までにかかる最低限の教育費用はいくら?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする