【子育て】6ヵ月~1歳の赤ちゃんの突然の高熱の原因は?突発性発疹はこんな症状

6ヵ月~1歳くらいの子供が突然38度~39度の熱を出し、数日間熱が下がらない。

不安になって医者に連れて行っても原因が分からない。

心配なのでなにか参考になる情報はないだろうか、と思いこのページにたどり着いた方もいると思います。

今回は、ほとんどの赤ちゃんが経験すると言われている、突発性発疹」で熱が出た場合の症状をお伝えします。




はじめに

我が子が10ヵ月を迎えた頃のある日、急に38度の熱を出しました。

今まで38度を超える熱は出たことが無かったので初めての高熱となりました。

医者に2回連れて行きましたが、原因は分からないと言われ、結局4日間38度以上の熱を出し続けました。

熱が下がった後になって発疹が出たため、熱の原因は「突発性発疹」だったとわかりました。

同じような症状で心配している方が少しでも安心できるように、我が子の場合の熱が出ていた間の体調の変化や様子をお伝えしたいと思います。

突発性発疹とは

突発性発疹は、生後6ヵ月くらいから2歳までの間に、突然赤ちゃんが高熱を出す病気です。

3〜4日間38~39℃前後の発熱が続き、解熱後に発疹が現れることが特徴的です。

母親からの移行免疫が弱まってくる6ヵ月ごろからみられることが多く、赤ちゃんにとって初めての発熱となることも多いです。

ほとんどの赤ちゃんがなる病気と言われ、感染力はほとんど無く、赤ちゃんによっては2回なる子もいます。

深刻な合併症はあまり無いと言われる病気なので、病状を見て慌てずに対応してください。

発熱1日目の症状と対応

1日目の夕方頃、子供がいつもよりグズグズして明らかに様子がおかしいと気づきました。

体も熱くなっていたため、熱を測ったところ38.1度の熱がありました。

とりあえず朝まで様子を見ることにして、脇に氷をはさみ熱を下げようとしました。

この日から便が緩く、下痢でした。

発熱2日目の症状と対応

2日目の朝も熱が下がっていなかったため、午前中に小児科に連れて行きました。

ちょうど時期が2月でインフルエンザが流行していたため、インフルエンザの検査をされましたが陰性でした。

熱を下げるための座薬を貰い、「もし次の日も熱が下がらなかったらまた来て下さい」と言われました。

座薬を入れると熱が少し下がりましたが、いつもより体がだるそうで目がうつろでした。

便は、下痢のままでした。

発熱3日目の症状と対応

3日目になりましたが、この日も熱は38度と熱が下がらなかったため医者に行きました。

再度インフルエンザの検査をされましたが陰性でした。

便が下痢だったこともあり、医者には胃腸炎かもしれないと言われ、整腸剤を貰いました。

この日も、熱のためぐったりしたり「あー!」「うー!」と言った大きな声をあげることが多かったです。

便は、下痢のままでした。

発熱4日目の症状と対応

4日目の朝も38度ほどの熱がありました。

夕方まで熱がありましたが、夕方には36.2度まで下がりそこから熱が上がることはありませんでした。

熱が下がると少しづつ元気になり、笑顔も見られるようになりました。

便は、下痢のままでした。

発熱5日目の症状と対応

5日目の朝、脇腹のあたりから赤いプツプツができ始めました。

この段階でプツプツが出てきたことにより、今回の熱が「突発性発疹」だったという事が分かりました。

熱も完全に下がった状態で、子供の様子も普段の元気な状態と同じになりました。

便は若干緩いくらいになってきました。

発熱6日目の症状と対応

6日目には、お腹、首、背中まで赤いプツプツが増えていきましたが、特に体調は悪くなく元気でした。

便は通常の固さに戻りました。

発熱7日目の症状と対応

7日目には、赤いプツプツが少しづつ無くなってきました。

すっかり体調も良くなり、元気に遊ぶようになったので安心しました。

この日以降、少しづつプツプツが減っていきました。

今思えば突発性発疹の症状だったと思う事

1日目に便が緩く、下痢の状態になっていました。

医者には胃腸炎を疑われましたが、後から考えると突発性発疹の症状でした。

まとめ

以上が我が子が「突発性発疹」になった時の症状の移り変わりです。

6ヵ月~2歳の間で、子供が急に熱を出し、これらの症状に当てはまる場合「突発性発疹」の可能性があると思います。

以下のポイントに注意してみてください。

ポイント①熱は4日続いた

②熱は38~39度

③初日から下痢だった

④食欲は少し下がる程度

⑤医者は原因がわからなかった

⑥熱が下がった次の日に発疹が出た

たとえ症状が当てはまるとしても、「突発性発疹」ではなく別の病気などの可能性もあります。

念のため高熱が続く場合は早めに医者に行ってみてもらうようにして下さい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする