【子育て】夫婦で行う忙しい時間の家事・育児タイムスケジュール

家事・育児を行う中で、特に忙しい時間をあげるとすれば、「朝」と「夕方~夜」だと思います。

我が家ではこの時間帯を乗り切るために、効率よく分担し並行して家事・育児を進めています。

ここでは、夫婦2人で行う効率の良い家事・育児の方法をお伝えします。




はじめに

毎日の家事・育児を行う中で、時間が無く色々がうまく進まないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そして、ワンオペで家事・育児を行っている方などは、必要最低限の家事・育児しかできず細かい作業が溜まってしまいイライラしたり、また、パートナーが一緒に作業をしてくれない事に不満を感じる方もいると思います。

ここでは、そういった家事・育児を夫婦2人でシェアして効率よく進めるための、やり方・タイムスケジュールをお伝えしたいと思います。

我が家の場合現在2人の子供がいて、上の子は2歳、下の子は0歳なので、似たような家族構成の方はこのまま参考にしていだければと思います。

ポイント効率よく

今やらなくていいことはやらない

段取りが重要

朝の家事・育児タイムスケジュール

朝の行動タイムスケジュールです。状況によってはお互いのやることが逆になる場合もあります。臨機応変にパートナーや子供の状況を見ながら進める事が重要です。

タイムスケジュール

時間 旦那
7:00 起床 起床
7:05 下の子オムツ替え 上の子トイレ
7:10 離乳食準備 下の子オムツ替え
7:15 朝食準備 下の子に離乳食
7:20
7:25 洗い物 上の子と朝食
7:30 朝食
7:35
7:40 2人の着替え 食器洗い

ポイント

このタイムスケジュールのみ見ると、スムーズに進んでいるように見えますが、このように進めるためにはそれまでの準備が必要です。

また、優先順位が低いものはこの時間にやらず、空いている時間に行います。

①離乳食は作り置き

皆さんそうしていると思いますが、離乳食は空いている時間に作り置きして冷凍しています。

②朝食は前日準備

朝食は全て前日に作っておき、朝は温めるだけにしておきます。

③保育園の準備は前日に終わらせておく

保育園の準備は前日に終わらせておき、朝は連絡票、朝食べたものや、体温を書く程度にしておきます。

④洗濯物は溜まってきたら余裕のある日に

洗濯は毎日しません。溜まってきたら余裕のある日に行います。雨が多い日や時間が無い時などはコインランドリーも積極的に使います。時間をお金で買うのです。

⑤本格的な掃除は余裕のある日に

掃除は毎日しません。余裕のある日にしっかり行い、それ以外の日はコロコロを使ってホコリを取ったり、アルコールペーパーで拭き掃除をする程度にします。

⑥買い物はまとめて行いカット・加工して冷凍する

買い物は数日分まとめて購入します。そして冷凍できるものは冷凍します。

また、空いている時間を使い、野菜はカットして冷凍、または火を通して冷凍、もしくは加工して冷凍し、料理をする際に極力時間がかからないように準備します。

夜の家事・育児タイムスケジュール

夜の行動タイムスケジュールです。状況によってはお互いのやることが逆になる場合もあります。臨機応変にパートナーや子供の状況を見ながら進める事が重要です。

タイムスケジュール

時間 旦那
5:40 離乳食準備 部屋の片づけ
5:45
5:50 夕食準備 下の子に離乳食
5:55
6:00 洗い物 上の子と夕食
6:05
6:10 夕食
6:15 食器洗い
6:20
6:25 1人目脱がす お風呂準備
6:30 1人目お風呂へ運ぶ 1人目洗う
6:35 2人目脱がす
6:40 1人目受け取り、2人目渡す 2人目洗う
6:45 1人目着替え(保湿など)
6:50 2人目受け取り、着替え(保湿など) 自分を洗う

ポイント

このタイムスケジュールのみ見ると、スムーズに進んでいるように見えますが、このように進めるためにはそれまでの準備が必要です。

また、優先順位が低いものはこの時間にやらず、空いている時間に行います。

①夕食は昼の間に準備

夕食は昼の間に作っておき、夜は温めるだけにしておきます。

②保育園の準備は寝る前に

保育園の準備はこれらが終わった後、子供が寝る前に行います。

③洗濯物たたみは寝る前に

洗濯物はこれらが終わった後、子供が寝る前の空いている時間に行います。

まとめ

効率よく・今やらなくていいことはやらない・段取りが重要という事を押さえておけば、優先順位も決まりやすく、今やる必要があることが分かると思います。

その中で、順番をつけて1つ1つ行っていく事が大事ではないでしょうか。

また、家事・育児に完璧なんてものはないので、あまりちゃんとやろうと思わずに肩の力を抜いてやることで、日々の家事・育児を楽しく続けて行けるのだと思います。

そして、何でも1人でやろうと思うのではなく、周りに頼ったり、文明の利器に頼ってもいいと思います。

そうして余裕ができる事で、子供と向き合ったり、家族の時間を作ることが一番大事ではないでしょうか。

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

>>【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする