【育児知識】国内販売前に液体ミルクの凄さを知っておこう

2019年春頃に乳幼児用液体ミルクの販売が国内で開始されるという見通しがたったようです。

販売が開始されるまでに、育児を行っている立場として液体ミルクとはどういったものなのか、どういった使い方があるのか?を知識として持っていたい方にご紹介します。




はじめに

日本では2018年8月に国内販売が解禁されたことを受け、各メーカーが製造・販売の本格検討に入っていました。

しかし、販売には厚労相の承認のほか、消費者庁から乳児の発育に適した「特別用途食品」の許可を得るなど、厳しい審査をクリアする必要があります。このため、流通開始は「早くて来年後半とみられていました。

そのような中で、需要の高さが分かったことから、国内メーカーが準備を急いだ結果、半年前倒しできることになりました。

育児負担の軽減につながると期待されるほか、災害時の支援物資としても活用が見込まれています。

液体ミルクとはどんな物?

粉ミルクと違い、すでに液体になった状態で販売されるミルクです。温める必要がなく与えられるため、手軽に赤ちゃんにミルクを与えることが出来ます。

安全性について

完全に無菌状態でミルクが充填されることから、むしろ粉ミルクより安全だとも言われています。含まれている栄養成分などにも特に問題があるわけではありません。

安全にも関わらずなぜ今まで日本で販売されていなかったかと言うと、1951年に作られた厚生労働省の省令が、「乳幼児用の食品を、粉乳と限定していたため」だそうです。

災害などで必要性があるという社会の気運がある中で、2017年には政府の「女性活躍加速のための重点方針」に液体ミルクの普及が明記され、制度改正に向けた動きが加速しました。

販売される状態

すでに昔から販売されている欧米での販売される状態は、紙パックがメインとなっているようです。哺乳瓶に移し替えるタイプ。哺乳瓶の口を付けて与えることが出来るタイプがあるようです。

日本ではどのようなタイプが出てくるかは分かりませんが、手軽に与えらえれるような工夫がされると予想されます。

液体ミルクと粉ミルクの違い

液体ミルクと粉ミルクにはそれぞれ優れている点と劣っている点があります。それぞれを比較してみたいと思います。

液体ミルク 粉ミルク
長所
封を開けすぐに飲ませられる 調乳時に必要量を調整できる
準備が手軽 価格が液体ミルクよりも安い
飲ませる際に手軽 品質保持期間が液体ミルクより長い
短所
必要量の調整ができない お湯で溶かして冷ます手間がかかる
価格が粉ミルクより高い すぐに飲ませられない
品質保持期間が粉ミルクより短い
未開封での品質保持期間
6ヵ月~1年 約1年半

参考:読売新聞

液体ミルクが活躍する場面

液体ミルクだからこそ活躍ができる場面があるからこそ、需要が高まって販売されることになった経緯があります。どんな場面で活躍できるかご紹介します。

災害現場でのミルクとして

2011年の東日本大震災や、2016年の熊本地震で、液体ミルクの必要性を訴える声が数多く上がりました。しかし残念ながら使用されませんでした。

熊本地震では実際にフィンランドのVario社が液体ミルクを支援する一幕もあり、注目度が上昇しました。

販売が開始されれば、今後の災害現場では大きく役に立つと予想されます。

母親以外の育児への参加促進

今の社会は昔と変わってきていることもあり、母親のワンオペによる問題が増加していると思います。

そのような中、母親以外が育児に参加する際に、粉ミルクを与える。という作業は慣れない人にとっては難しい作業でした。

子供が泣く中で、慣れない作業をして慌ててうまくできなかったり、また、温度もこれでいいのだろうか?と不安になってしまったりしてしまう人もいたと思います。

そんな中で、このように手軽に赤ちゃんにミルクを与えることが出来るようになることで、母親以外の育児参加を促すための手段の一つにもなってくるのではないでしょうか。

外出時のミルクとして

外出時にミルクを与える場合、今までの粉ミルクの場合、事前準備も大変、外出先でミルクを与えるのも大変という状態でした。

しかし、液体ミルクが使用できれば、常温ですぐに赤ちゃんにミルクを与えることが出来ます。外出時のこの手軽さは大きな魅力だと思います。

まとめ

液体ミルクは、粉ミルクとはまた違う場面で活用できる非常に有用なミルクだと私は思います。

私も、育児をしている中で、0歳児を野外に1人で連れ出す必要がありました。

その際には、準備として粉ミルクを入れ物に入れ、お湯を沸かし水筒に入れ、冷やすための湯冷ましの水を準備し、出かけていました。

そして、いざミルクを上げる際には、手ごろな場所もあまりない中で、哺乳瓶に粉を入れ、お湯を入れ・・・と非常に手間がかかる作業をしていました。

これが無くなるだけでも非常に助かりますし、そのためならある程度金額が高くても購入してみたいと私は感じました。

今後発売されてからどのようになっていくのか、楽しみに見守りたいと思います。

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

>>>【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする