【子育て】育休中に子供を赤ちゃんモデルにしたい

赤ちゃんモデルに興味のある方、応募を考えているけれどもどんな感じなのだろう?と不安に思っている方に、赤ちゃんのオーディション情報をお伝えします。




はじめに

自分の子供は、かわいいのではないか!?もしかして赤ちゃんモデルになれるのではないか!?いないいないばぁに出演させたい!記念に受けてみたい!

赤ちゃんモデルオーディションに挑戦してみたい!そんな事を思っている方に、私の子供が実際にテアトルアカデミーのオーディションを受けた内容と思った事をお伝えします。



どうやって応募するの?

PCでもスマホで色々赤ちゃんの関係のサイトを見ていると、色々なオーディションがでてきます。テアトルアカデミーが赤ちゃんモデルでは有名なので、すぐ出てくると思います。

1次審査の応募はスマホでちょこちょこやればすぐに応募できるので、応募自体は気軽に応募できます。

応募時には写真が必要になりますので、かわいい服でおしゃれをして、かわいい写真を用意しておくとよいと思います。

2次オーディションの案内が届きます

書類審査に合格し2次オーディションが決まると、テアトルアカデミーより書面が届きます。

案内通知について

応募してし数日経ち、1次審査を合格した場合、2次オーディションの案内の封筒が届きます。

中身は、1次審査合格の賞状や、2次試験に提出する履歴書、テアトルアカデミーの説明、所属中の赤ちゃんモデルがどれだけ活躍しているか、2次試験の説明、などの書面が入っています。

2次オーディションの案内には、2つの日にちが試験日に設定されており、どちらか都合の良い日に来てください。と書いてあります。

都合が悪い場合どうなるか?

実は私の場合、そのどちらも都合が悪く試験に行くことができませんでした。

残念だったな、、と思って特に行けないとも連絡せずにいたところ、そのオーディションが終わった後しばらくして再度テアトルアカデミーから封筒が届き、次の回の試験で受けられますので来てください。といった、内容の書面が届きました。

次の回の試験は都合のつく日だったので行くことにしました。

2次オーディション当日の様子~受付・待合室~

ビルの前にはスーツを着た方がいて、入口が分かりやすかったです。皆さん笑顔が素敵で親切でした。

当日は時間が指定されてたので、30分ほど早めに来ましたが、なぜかすでにオーディションが始まっていました。

まずは受付を行い、受験番号表とパンフレットなどの資料を貰い、待合室に案内されました。貰った受験番号が100番に近かったので、だいぶもうオーディションが進んでいたのだと思います。

待合室にはテレビがあり、テアトルアカデミーはこんなにも素晴らしい、といった内容の動画が流れていました。

待合室にいるお母さん達は、緊張している人、そうでもなさそうな人、様々でした。

子供についても、ドレス?のようなものを着せている気合の入った人から、普段着ているような服を着せて来ている人、様々でした。

2次オーディション当日の様子~別室へ~

しばらくするとスタッフに名前を呼ばれ、別室に移動します。そこでは、モニターを使ってテアトルアカデミーの説明が行われます。

どうやら、いないいないばぁに出ている子供は半分以上がテアトルアカデミーの子供らしいです。

その他にも色々説明が行われましたが、泣き始める子供が徐々に増えてきたので、最後のほうは飛ばしますねー、と言いながら説明が飛ばされていました。

その後、カメラテストが行われました。数組分の机と椅子が用意され、その1つ1つにビデオカメラがセットされています。

そこに順番に呼ばれ、子供を抱っこしている所をビデオカメラで撮られながら、面接をしました。時間にして2.3分くらいだったと思います。

質問内容は、首が座りましたか?人見知りはしますか?させてみたい仕事は何ですか?
といった、事を聞かれました。

思っていたより、大したことを聞かれず、世間話をしただけのようなイメージでした。それが終わると、次は2次面接なので移動してください。と言われ次の場所に案内されました。

2次オーディション当日の様子~2次面接~

2次面接では、また別の部屋へ案内されました。次もビデオ撮影をしながらの面接ですが、先ほどと違うのは審査員の方が5名ほどいる中での質疑応答という点でした。

審査員達の方の前に面接用のイスが1個。そして、その後ろに数字の書かれているイスが5個くらいあり、順番に呼ばれて後ろの椅子に座って待機します。

名前を呼ばれるといよいよ面接用の椅子に座り面接が開始されます。

面接開始から、ビデオカメラで撮影され始め、その様子は外の待機所にあるモニターに映るので、外の皆から見られるという事になります。どうやら、しゃべっている声は外には聞こえないようです。

そして、赤ちゃんを笑わすため?に面接中は人形を持ったスタッフが赤ちゃんを笑わせようとしてくれていました。

面接での質問の内容については、最初の質問は全員同じことを聞かれていました。

「〇〇ちゃんの、かわいいと思うところはどこですか?」これが自分の子をアピールする一番の場となると思います。その質問に、答えた後は人によって違う質問をされていました。

とはいっても、いかにも面接といった質問ではなく世間話のような雰囲気だったので緊張することもありませんでした。

この面接も、時間とすると3~5分程度に感じました。終わると外に案内され、そのまま帰っていいですよ。といった雰囲気でした。

オーディション結果

オーディションの結果は1週間以内に届く。と面接の時に言われていましたが、もっと早く届きました。

面接の次の日には、結果を送ったので翌日には早ければ翌日には届きます。というメールがきました。実際には4日後に結果が届きました。

封筒を開けると、一番初めに「入学案内」という書面が見えるので、合格したのだなという事が分かりました。

中身は、2次審査合格の賞状、オーディションの状況報告書、面接の講評、入学案内(お金の振込先)、教育の説明、テアトルアカデミーの総合案内、などの書面が入っています。

今回の面接では「1000人くらい応募して50名くらいを合格とした」と書いてありました。本当なら合格率は、20倍という事になります。

しかし、ネットでは殆どの人が受かる。と書かれているところも多いので、真偽のほどは定かではありません。

入学するために

入学するためには、入学金+その他費用が必要となります。

コースが2つあり、安いコースが約20万程度。高いコースが約30万程度かかります。入金日が決められており、その日までに入金しなければ入学は取り消されます。と書かれていました。

本来オーディションを受ける前に、入学金を言っておけばいいと思うのですが、この段階まで言わない理由は、間口を広くしてより多くの赤ちゃんを見たいからという事もあるのではないか、と思いました。

また、教育費や宣伝費や人件費が今後かかることを考えると、入学費用がこれくらいかかってくるのも当然かな、と思いました。

まとめ

テアトルアカデミーの社員さんはみんな感じが良く、気持ちよく試験を受けることができました。

テアトルアカデミーは業界最大手なので他事務所に比べ、仕事は回ってきやすいのだと思います。変な事務所に入って騙されるといった不安もないと思います。また、説明を聞いた限りでは教育にも力を入れていることは間違いないと思いました。

なので、自分の子供が芸能事務所に入っているという優越感を得たい、または、子供の教育をテアトルアカデミーでしてもらえる + 運が良ければ仕事が貰える、と割り切って入学するのであれば、「アリ」だと思いました。

1次審査のみ受けて、賞状が欲しい。とか、とりあえず1次審査に受かってから考えたい。という気持ちで応募しても、文句も言われませんのでぜひ気軽に受けてみて下さい。

申し込みはこちらからどうぞ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする