【お得情報】PayPay(ぺいぺい)って何?お得なの?信用できるの?

最近よく耳にするPayPay(ぺいぺい)という言葉。PayPay株式会社が行う、携帯電話での決済サービスについて、どういったサービスで今後どのような展開を考えているのか、について調べてみました。




はじめに

携帯電話での決済で最後発と言われるPayPay(ぺいぺい)がなぜこれほど注目を集めているのかまとめてみたいと思います。

PayPay(ぺいぺい)とはどのような会社か

PayPayとは、ソフトバンク社とヤフー株式会社が2018年6月に設立したPayPay合弁会社を指します。

現在の日本は、現金で支払う習慣が根強く、現在キャッシュレスは20%に留まっています。

しかし、経済産業省としては、2025年までに40%、最終的には80%まで、日本のキャッシュレス決済の普及を目指しています。

そのような中、ソフトバンクとヤフーがキャッシュレス化の普及、利便性の高いサービスを提供するため立ち上げた会社がPayPay株式会社となります。

PayPay(ぺいぺい)のサービスとは

PayPay社は、バーコードやQRコードを使って決済できる「PayPay(ぺいぺい)」の提供を2018年秋から開始しました。

PayPayの使い方

スマホにアプリをダウンロードし、そのアプリでバーコードを表示しお店の方に見せることで会計ができるというものです。(ストアスキャン)

また、お店のQRコードを読み込み、お会計の金額を入力し店員に見せることで会計ができるという使い方もできます。(ユーザースキャン)

※PayPay株式会社資料による

PayPayが使用できる店舗

このような赤いマークがある店舗でPayPayを使用することができます。

※PayPay株式会社資料による

現在は飲食店、家電量販店、コンビニ(ファミリーマート)などで利用できますが、順次店舗が増えていき、いずれはかなり広く使用できるようになると予想されます。

利用者拡大のために

ソフトバンクが持つ店舗とヤフーが持つ4000万と言われる顧客数を活用しサービスを広げていくと思われます。

スマホサービス決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンを目指す。と会社のHPにも書いてあるので、これから相当な力を入れて加入者の獲得を行っていくことが予想されます。

まとめ

携帯電話の決済サービス最後発とは言いながらも、ヤフーが行っているサービスであることから、今後多くのユーザーを獲得していくのではないでしょうか。

paypayの担当者が「これから尖ったサービスを発信していく」とテレビでも言っていましたが、こういったサービスが開始される場合、初期に限りかなりお得なキャンペーンを行うケースが見られます。

今の段階からPayPayを導入して、お得を先取りしてみてはいかがでしょうか。

ポイント1.PayPayは携帯電話の決済サービス

2.ヤフーとソフトバンク関連会社

3.携帯電話決済では最後発

4.赤いPマークのある店で使える

5.今後のお得キャンペーンに期待

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

>>【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする