【離乳食】炊いたご飯(米)から作る粥の作り方・分量は?

離乳食でお粥を作る時、10倍粥、7倍粥、5倍粥といった言葉が出てきます。

しかし、多くの人ははじめて聞く言葉で、そのお粥はどのような分量でどうやって作るのかイマイチわからない方もいると思います。

ここでは、離乳食を作り始めた初心者の方に、離乳食で使うお粥についての説明と簡単な作り方をお伝えします。




10倍粥、7倍粥、5倍粥とはどのようなお粥なのか

〇〇倍粥とはお米(生米)の重さに対して何倍の水の量を使ってお粥を作るのか、という意味です。

例えば10倍粥の場合、生米1の重さに対して10倍の量の水を使い炊いたお粥ということです。例えば10gの生米と100mlの水で作るお粥は10倍粥という事です。

ちなみに、米1とは生米の事を指し、水の量は火にかける前に最初に入れる水の量です。

これらについて、育児関係の用語では10倍粥、7倍粥、5倍粥と表現されます。

作り方に関しては、様々な方法がありますが、私が一番良いと思っている作り方は、炊いた米からお粥を作る方法です。

なぜならば、別に生米からお粥を作らずに、みんなの食べるご飯を炊いたものを活用して短い時間でお粥を作ることができるからです。

10倍粥、7倍粥、5倍粥の種類はなぜ分かれているか

離乳食は下の図のように、4つの時期が分かれています。

10倍粥:離乳食初期(ゴックン期)

7倍粥:離乳食中期(モグモグ期)

5倍粥:離乳食後期(カミカミ期)

となっているために、この種類に分かれています。

炊いた米から作る10倍粥、7倍粥、5倍粥の作り方

各倍数のお粥の作り方と作った粥がどのような粥なのか、わかりやすく写真を使って説明します。

ここでは、炊いた米100gに対して、どのような水の分量でどのように作るのか説明します。

基本的な流れとしては、書いてある分量を鍋に入れ強火で沸騰させた後は、弱火で煮込む流れになります。

弱火で煮込んでいる間、鍋にこびりついて焦げることがあるので様子を見て混ぜて下さい。

基本の流れ①炊いた米100gを用意します

②〇〇倍粥別の水の量を入れ強火にかけます

③弱火で指定の時間煮込みます

※鍋によってできあがりが異なるので、煮る時間は様子をみて調整してください。

ゴックン期に与える10倍粥の作り方

炊いた米と水の割合は1:5です。

材料

・炊いた米:100g

・水:500ml

作り方①鍋に炊いた米(100g)を準備します

②水(500ml)を入れ強火にかけます

③沸騰したら弱火にして15~20分煮ます

④米がどろどろになれば完成です

モグモグ期に与える7倍粥の作り方

炊いた米と水の割合は1:3です。

材料

・炊いた米:100g

・水:300ml

作り方①鍋に炊いた米(100g)を準備します

②水(300ml)を入れ強火にかけます

③沸騰したら弱火にして15~20分煮ます

④米粒が形を保ちつつ砕けている状態になれば完成です

カミカミ期に与える5倍粥の作り方

炊いた米と水の割合は、1:2です。

材料

・炊いた米:100g

・水:200ml

作り方①鍋に炊いた米(100g)を準備します

②水(200ml)を入れ強火にかけます

③沸騰したら弱火にして10~15分煮ます

④米粒がふやけつつ形が残っている状態で完成です

まとめ

10倍粥、7倍粥、5倍粥についての説明と、作り方についていかがでしたでしょうか。

今回は炊いた米100gを基準に説明しましたが、割合は同じままで米と水を増やせば大量に作ることができます。

しかし、その際には弱火で煮込む時間が変わってくるので、 この記事内の完成の写真を基に自分でベストな時間を探してみて下さい。

ポイントとしては以下のような点になると思います。

ポイント①10倍粥、7倍粥、5倍粥がある

②〇〇倍粥とは生米と水の割合

③炊いた米から作ると楽

④沸騰させたら弱火で10~20分

⑤鍋や火の状態によって仕上がり時間は調整する

⑥焦げ付きやすいのでたまに混ぜます

以上の点に注意しながら、美味しいお粥を作ってください。

その他の食材について、食べさせて良い時期についての一覧はこちらからどうぞ

>>>【離乳食】食材別食べさせて良い時期一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする