【離乳食】材質によってこんなに違う!初めてのスプーンの選び方

離乳食をはじめようと思い必要な物の準備を進めている中で、離乳食初期はどのようなスプーンをまず最初に買えばいいか?スプーンは何に注意して買えばいいか?と迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

ここでは、離乳食初期に使うスプーンを選ぶための情報をお伝えします。




はじめに

離乳食のスプーンは離乳食の進む段階によって変えていく必要があります。

今回は離乳食を始めたばかりの赤ちゃんにどのようなスプーンの種類があり、どんなものがいいのかお伝えしたいと思います。

離乳食初期のスプーンの使い方・気を付ける点

離乳食の初期から中期に向けては、離乳食を与える人がスプーンを持ち赤ちゃんに与える形になります。後期からは手づかみや、自分でスプーンを持つ形になってきます。

つまり、初期においては「与えやすさ」「赤ちゃんの食べやすさ」の2つのポイントを押さえたスプーンを選択することが重要となります。

離乳食の与えやすさ

素材をすくい易いかというポイントが一つあります。

また、離乳食初期の後半頃、食材を少しづつ粒状にしていく段階で、少し食材が大きかった場合、つぶしたり、スプーンで切ったりするケースがあります。

そんな時は、スプーンが固いもの、スプーンの端で食材を切れるように、薄いスプーンのほうがやり易いと思います。

赤ちゃんにとっての食べやすさ

赤ちゃんにとって食べやすいかどうか、嫌がらず食べてくれるかがポイントとなります。その際にスプーンは口当たりがよいほうが食べやすいと思います。

またスプーンの形状や大きさも関係してくると思います。

スプーンの種類と特性

一般的に売られれているスプーンの大きく分けた分類と、その特性についてお伝えします。

シリコン

シリコンはやわらかい素材なので、口当たりがよく、赤ちゃんにとって違和感を持ちづらいスプーンになります。やわらかい分、スプーンが肉厚になります。

ちなみに我が家ではこのスプーンを主に使っています。

プラスチック

キンプロ 離乳食スプーンセット(ケース付) MRメール便配送は日時指定・代金引換・同梱・ラッピング不可 リッチェル Richell ベビー用品 食器 離乳食 レジャー カトラリー プラスチック 赤ちゃん かわいい おしゃれ キャラクター Kinpro design 5カ月

シリコンよりは固いですが、口当たりがよく、与える側にとって食材をすくいやすいスプーンになります。固いプラスチックなので、スプーンが薄くなります。

木なので、口当たりも良く、赤ちゃんにとって違和感を持ちづらいスプーンになります。しかし、赤ちゃんがスプーンを持ってガンガンどこかを叩いたいたりするとへこんでしまう事があります。木を削りだすため、スプーンが肉厚になります。

金属

elfin エルフィン ウィズ・ア・チャイルド カトラリー ギフトセット 2PC 【お子様 離乳食 プレゼント 安全】【日本製 新潟県燕市 高桑金属】 JAN: 4522466404940【半額以下】【あす楽対応】

他の材質に比べ熱が伝わりやすいため、熱さ、冷たさを赤ちゃんが感じやすく、異物感を感じてしまうケースがあるようです。

しかし、我が家の子は問題なく使っていました。固い材質なので、スプーンが薄くなります。食材を切ったりつぶしたりする場合、やりやすいです。

スプーンの大きさ

離乳食初期の頃は、一度に口に入れることができる量が少ないです。また、口自体も大きく開けません。そのため、大きなスプーンは避けた方が良いと思います。

口を開けた時に、口の横幅の2/3以下くらいの大きさのスプーンがオススメです。

まとめ

以上の点に注意して初期の離乳食のスプーンを選んでみてください。

赤ちゃんによって個性があり、スプーンで食べるのが得意な子もいれば苦手な子もいると思います。

初めは自分が良いと思うスプーンで試してみて、もし赤ちゃんが食べづらそうだったり、気に入らないようであれば、他のスプーンを試してみるのも良いのではないでしょうか。

今回のポイントは以下のようになります。

ポイント1.食材をすくい易いか

2.食材をつぶし易いか

3.赤ちゃんが嫌がらないか

4.スプーンの大きさは適度か

以上に気を使って、スプーン選びをしてみて下さい。

他の記事も気になる方はこちらからどうぞ

【ブログについて】男の育休奮闘記で伝えたいこと




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする